堂本光一『SHOCK』フライング解禁!キャスト&スタッフ全員にPCR検査「赤字覚悟」

 ミュージカル「Endless SHOCK-Eternal-」に主演するKinKi Kidsの堂本光一(41)がこのほど、本紙などの取材に応じた。

 新型コロナウイルス感染予防策を講じた演出で、本編の3年後を描く“スピンオフ”として大阪・梅田芸術劇場で15日から上演。当初、中止予定だった客席上を舞うフライングはステージ上限定という条件で“復活”。名物の「階段落ち」など激しい殺陣の場面は密を避けるため、スクリーン映像と生パフォーマンスを融合させ、新たな世界観を生み出している。

 キャストやスタッフ全員は開幕前にPCR検査を受け、公演期間中にも実施予定。光一は「全員の検査1回で1000万円かかる。外食禁止で毎日弁当が必要だし、客席の収容は半数なので赤字覚悟」と男気全開でアピールした。

 先月に東京・西池袋の東京芸術劇場で主演ミュージカル「ナイツ・テイル」のナンバーをオーケストラで披露するコンサートを開催しており、「開演前は恐ろしいぐらいシーンとしていた。お客さまの協力があるからこそ幕が開けられる」と改めて感謝した。

 「SHOCK」についても「お客さまの近くに行けないけど、ステージからエネルギーを放てれば」と10月12日の千秋楽まで全力で駆け抜ける。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ