元マトリ、伊勢谷容疑者の常習性を指摘「手慣れたプロ」

 大麻取締法違反(所持)容疑で警視庁に逮捕された俳優、伊勢谷友介容疑者(44)が大麻を使用していた理由について「リラックスするために吸っていた」などと供述していることが17日、捜査関係者への取材で分かった。伊勢谷容疑者は吸引方法についても乾燥大麻とタバコの葉を巻紙に包んで火をつける「ジョイント」と呼ばれる方法で吸っていたと具体的に説明。吸引時に使用したとみられる貝殻も部屋から見つかった。

 元厚労省麻薬取締官の小林潔氏は、伊勢谷容疑者が「ジョイント」と呼ばれる方法で大麻を吸引していたと供述していることについて「ジョイントは巻き紙に大麻を入れてぐるぐる巻いて封をしてという1つの工程がある。すぐやれと言ってもできるものではない。手慣れたプロですよ」と常習性を指摘。容疑者が入手経路を話していないことには「常習者は身柄の拘束が解かれると大麻がほしくて仕方がなくなる。売人の信用をなくしたら大麻が買えなくなるから」と分析し、「10年以上やっていると思う」と推測した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ