伊勢谷容疑者、“クスリ漬け”新供述「大麻を手で砕きタバコの葉と混ぜ巻き紙で」

 大麻取締法違反(所持)容疑で警視庁に逮捕された俳優、伊勢谷友介容疑者(44)が大麻を使用していた理由について「リラックスするために吸っていた」などと供述していることが17日、捜査関係者への取材で分かった。伊勢谷容疑者は吸引方法についても乾燥大麻とタバコの葉を巻紙に包んで火をつける「ジョイント」と呼ばれる方法で吸っていたと具体的に説明。吸引時に使用したとみられる貝殻も部屋から見つかった。

 実力派俳優の“クスリ漬け”が明らかになった。

 警視庁組織犯罪対策5課によると、伊勢谷容疑者は大麻を使用していた理由について「リラックスするために吸っていた。仕事でストレスがあった」と供述。さらに、吸引方法について「乾燥大麻を手で砕き、タバコの葉と混ぜ、巻き紙で巻いて自作や市販の吸い口で吸っていた」と、大麻とタバコの葉を巻き紙に包んで火をつける「ジョイント」と呼ばれる手法で吸っていたことを具体的に説明したという。

 同課はアルミホイルで自作したパイプと大麻とタバコの葉を混ぜる器として使っていた7センチ四方の貝殻を押収したことも明らかにした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ