国際短編映画祭開催 27日まで ポン・ジュノ監督作品も

 米アカデミー賞公認のアジア最大級の国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア(略称SSFF&ASIA)2020」(別所哲也代表)が27日まで「表参道ヒルズスペースオー」など都内各所のほか、オンライン上で開催されている。

 同映画祭は平成11年にスタートして以来、毎年6月に東京で開催されてきたが、今年はコロナ禍で延期に。国際部門は今年で22回目、アジア・ジャパン部門は17回目となる。

 世界112カ国・地域から応募された作品の中から、厳選された約200本が上映・配信される。また、「パラサイト 半地下の家族」でカンヌ映画祭最高賞やアカデミー賞4冠に輝いたポン・ジュノ監督によるショートフィルム「支離滅裂」や日本初公開となるデビッド・リンチ、ジョニー・デップ出演のホラー映画「ブラックガイアンドラ」なども特別上映・配信される。

 フェスティバルアンバサダーで映画コメンテーターのLiLiCoは「普段触れ合えることのない国と地域の作品から文化や香りを感じ取ることができて、これはショートフィルムならでは!」とPRしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ