「蒲田前奏曲」女性の生きづらさ4話連作 伊藤沙莉、瀧内公美出演

 「蒲田前奏曲」は、東京都大田区の蒲田出身の売れない女優、マチ子を狂言回しに、4人の若手監督がコメディーやシュールな手法を駆使。現代社会における女性の生きづらさを指摘する4話の連作長編だ。一風変わった作品に参加した、女優の伊藤沙莉(さいり)(26)と瀧内公美(くみ)(30)に話を聞いた。(石井健)

 この映画を企画し、製作を指揮しながら狂言回しのマチ子役も演じるのは、女優の松林うらら(27)。自らの体験などをきっかけに、まだ女性が窮屈に生きている日本の現実について問題提起したい気持ちで作品にまとめた。

 松林が声をかけたのは、中川龍太郎、穐山茉由(あきやま・まゆ)、安川有果(ゆか)、渡辺紘文(ひろぶみ)という4人の若手監督。4人は、脚本も手がけた。

 穐山監督の「呑川(のみかわ)ラプソディ」は、マチ子が大学時代の友人4人と女子会に参加。結婚などをめぐって次第に気まずい雰囲気になる。この中で、強気ゆえに孤立する帆奈という女性を演じるのが今やドラマ、映画に引っ張りだこの伊藤だ。

 平成15年に子役としてデビュー。今回はドラマ「女王の教室」でともに小学生を演じた福田麻由子(26)とも共演しているが、長く仕事をしている。

 「ここまでの生きづらさを感じたことはないですけど、どこか男社会だというか、仕事の場で、もうちょっと仲間に入れてほしいなって思うときはあります」

 演じた帆奈は仕事に生きる女性。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ