杉咲花「しゃんと立って、がしがし歩くぞ!」

 11月30日スタートのNHK連続テレビ小説「おちょやん」(月~土曜前8・0)でヒロインを務める女優、杉咲花(22)の劇中ビジュアルが17日、初公開された。

 南河内の貧しい家に生まれた少女が奉公先の道頓堀で芝居に魅了されて女優を目指し、「大阪のお母さん」と呼ばれるまでなる物語。京都の撮影所の屋外スペースには約100年前の道頓堀が再現された。

 「歩く人たちみんなの表情が生き生きとしてみえたのは、色とりどりの旗やのれんがうれしそうに踊るエネルギッシュな道頓堀のセットに入っただけで、力強いパワーを受け取ることができるからなのだろうな」

 道頓堀の芝居茶屋「岡安」に奉公に出された杉咲演じるヒロインの千代は17歳の設定。あかね色の着物に黄色の帯、わさび色の前掛けを身につけて座布団を抱え、「ごめんやっしゃ! ごめんやっしゃ!」と声を上げながら通りを駆け抜けた。

 「セットに入るといつも活気のある道頓堀に置いていかれないように、しゃんと立って、がしがし歩くぞ! という気持ちにさせられています」という杉咲は、「ドラマを見てくださる方々にも、道頓堀という町、そこを歩く人々の姿からパワーを受け取っていただくことができるのではないかと思っています!」と手応えを感じている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ