伊勢谷容疑者は命拾い?東映の“英断” 「作品に罪はない」風潮が拡大も…松本人志は疑問

 自宅に乾燥大麻を所持していたとして、大麻取締法違反(所持)の現行犯で警視庁に逮捕された俳優、伊勢谷友介容疑者(44)。多くの作品にかかわっていただけに、その行方が注目されたが、どうやら最近広がりつつある「作品に罪はない」という風潮に命拾いしそうだ。

 「東映が、伊勢谷容疑者の出演シーンをカットしないと決めたことで、風向きが変わりそうですね」とは映画関係者の弁。伊勢谷容疑者は、吉永小百合(75)の主演映画「いのちの停車場」(成島出監督)にも出演しており、逮捕直前に撮り終えたところだったのだ。

 「撮り直しをすれば、当然損害は大きくなる。そうすれば伊勢谷容疑者は巨額な賠償金を負担しなければならなくなる。そのリスクだけは回避できたわけです」と先の映画関係者。

 さらにこう続ける。

 「東映は『作品を守る』という理由でカットしないことを決めました。あくまで映画は有料で鑑賞するもので、テレビやCMとは異なるというスタンスですが、ひとつの方向性が示されたことで他の作品についても同じような考え方が広がりそうです」

 芸能人が薬物事件など不祥事を起こしたとき、必ず起きるのが、作品が“お蔵入り”するかもしれないという問題だ。

 「2017年に小出恵介が不祥事で活動停止になった際は、放送直前だったNHKの主演ドラマはお蔵入りになり、ネットドラマは撮り直しになりました。そのあたりから『作品に罪はない』という考え方が広がってきました。昨年のピエール瀧の事件ぐらいから映画はノーカットという流れになっています」

 ただ、この風潮に疑問を呈する声もある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ