岸部四郎さんが急性心不全のため死去、71歳 波瀾万丈の人生に幕…

 グループサウンズ、ザ・タイガースのメンバーで、テレビの司会者や俳優としても親しまれたタレント、岸部四郎(きしべ・しろう)さんが8月28日午前4時33分、拡張型心筋症による急性心不全のため千葉県内の病院で死去していたことが15日、分かった。71歳だった。飛ぶ鳥を落とす勢いの活躍から一転、自己破産するなど波瀾(はらん)万丈の人生。晩年は闘病に苦しみながらも復帰を目指していた。7年前のタイガース再結成コンサートが、ビッグステージとして最後の公の場となった。

 天国と地獄を知る男が、人生の幕をひっそりと閉じた。

 所属事務所は15日、文書で岸部さんの死去を発表。本紙の取材に応じたマネジャーは「眠るように息を引き取ったと聞いています」と言葉少なに明かした。亡くなる直前まで意識があり、最期は実兄の俳優、岸部一徳(73)と実姉に看取られたという。葬儀は近親者で済ませた。

 最後のビッグステージは2013年12月27日、再結成したザ・タイガースが東京ドームで行ったライブツアー最終日。車いすで登場し、ビートルズの名曲「イエスタデイ」を歌った。結成以来初めて全ての在籍したメンバーがそろう中での熱唱だった。だが、その後の消息はほぼ明かされていなかった。

 まさに波瀾(はらん)万丈の人生だった。

 岸部さんは1969年、当時絶大な人気を誇ったザ・タイガースに、脱退したギターの加橋かつみ(72)に代わって「岸部シロー」の芸名で加入し、デビュー。メガネ姿に関西弁、軽快なトークが受け、瞬く間に人気者になった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ