NHK朝ドラ「エール」で梅、五郎、久志の“恋の三角関係”が話題 大吉・近江アナは五郎派も…ネットの反応は?

 NHK連続テレビ小説「エール」(NHK総合など)の第67話が15日、放送され、ネットで、関内梅(森七菜)をめぐる田ノ上五郎(岡部大)と佐藤久志(山崎育三郎)の“恋の三角関係”が話題になった。

 前回東京五輪の「オリンピック・マーチ」など、数々の名曲を残した作曲家、古関裕而さんと、妻で歌手として活躍した金子さんをモデルに、音楽とともに昭和を駆け抜けた夫婦の絆を描く同作。主人公の古山裕一役を俳優の窪田正孝が務め、その妻、音を女優の二階堂ふみが演じる。

 梅は音の妹で作家を目指しており、文学の新人賞を受賞したことをキッカケに愛知県から上京。古山家に住みながら執筆活動を続けている。五郎は茨城県出身の青年で、作曲家を目指して古山家に押しかけ、裕一の弟子として居候生活を送っている。久志は裕一の小学校時代の幼なじみ。音の音楽学校時代の先輩でもあり、現在は、コロンブスレコードの研究生として歌手デビューを目指している。

 性格が正反対の梅と五郎は、なかなか仲良くなれなかった。そんな様子を見かねた裕一が、2人が話す機会になればと五郎の歓迎会を開催。そこに久志も参加し、3人が初めて顔を合わせた。

 その席でも梅と五郎は相変わらず微妙な空気。しかし、遅れて参加した久志は梅を見るなりいきなり興味を示し、得意の“ウインク攻撃”を繰り出すが、これが梅にはまったく通じなかった。この態度が“モテ男”久志の恋心に火をつけてしまった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ