ベネチアで銀獅子賞獲った黒沢清監督 「授賞のときは寝てました」とのぶっちゃけが「何とも可愛らしい」

 世界三大映画祭に数えられる第77回ベネチア国際映画祭の授賞式がイタリアで12日夜(日本時間13日未明)に開かれ、「スパイの妻」(10月16日公開)の黒沢清監督(65)が銀獅子賞(監督賞)に選ばれた。日本人としては2003年の北野武監督(73)以来17年ぶりとなる快挙に、ツイッター上では国内の映画ファンから祝福の声があがった。

 世界が注目するベネチア国際映画祭の授賞式。審査員長の女優、ケイト・ブランシェット(51)が晴れやかな表情で「Kiyoshi Kurosawa 『Wife of a Spy』(英題)」と監督賞を発表した瞬間、ソーシャルディスタンスで着席したマスク姿の関係者から称賛の拍手が鳴り響いた。コロナ禍で現地入りを断念していた黒沢監督は、ビデオメッセージでスピーチ。「大変驚き、言葉では言い尽くせない喜びを感じています」と海外に認められた快挙をかみしめた。

 ツイッターには「おおお!おめでとうございます!!」「凄いーーー嬉しいーーー」など、祝福と歓喜の声が多数集まっている。

 同日に女子テニスの全米オープンで大坂なおみが2度目の優勝を果たした吉報もあったため、「本日はいいニュースが2つも」「大坂なおみ選手の全米オープンテニス優勝の話題に隠れちゃいましたがこちらも大変めでたい偉業です」とのコメントも見受けられた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ