吉永小百合「とても残念…」 伊勢谷容疑者出演シーンはカットせず公開

 女優、吉永小百合(75)が11日、東京・練馬区の東映東京撮影所で行われた主演映画「いのちの停車場」(来年公開、成島出監督)の撮影現場会見に出席。初共演の伊勢谷友介容疑者(44)が大麻取締法違反の疑いで現行犯逮捕されたことについて「とても残念です」とコメントした。会見前には製作・配給の東映、手塚治社長(60)が出演シーンのカットはせず予定通り公開すると発表した。

 コロナ禍で細心の注意を払いながら4日にクランクインした「いのちの停車場」。初共演となる伊勢谷容疑者の逮捕を報道で知った小百合は報道陣の質問に、「とても残念な思いでいます…」と神妙な表情で明かした。

 伊勢谷容疑者は脊髄損傷で四肢まひとなったIT会社社長役で出演。小百合演じる在宅医の咲和子に最先端治療のコーディネートを依頼する役どころだ。8日に逮捕されたが、2日前だった6日の撮影に参加し、当初の予定通り出番を終えていた。

 小百合は「伊勢谷さんといいシーンが撮れた。お互いに、思いやいろんなものがぶつけることができたと思っています」と手応えを実感。伊勢谷容疑者は現在、警視庁組織犯罪対策5課の取り調べを受けており、小百合は「事実が分からないところもあるんですけど、こういうことを乗り越えて、また、撮影の現場に帰ってきてほしいと今は思います」と複雑な心境を明かしつつ、俳優としての才能を評価した。

 会見前には東映・手塚治社長が伊勢谷容疑者の出演シーンをカットせずに公開すると発表。手塚社長は「上映は有料であり、鑑賞の意思を持ったお客さまが来場して鑑賞するクローズドなメディア。テレビとは違う」とした上で、「作品と個人とは別という見解のもと、作品を守るという判断をした」と説明した。

 東映側は今回の決定を製作委員会に報告済みでキャスト陣らも賛同。混乱はなく、エンドロールにも伊勢谷容疑者の名前も記載する予定だ。

 「いのちの停車場」は小百合にとって通算122本目の出演映画で、医師役に初挑戦。医療制度や尊厳死、安楽死に向き合う社会派ヒューマン作品で新境地を開拓する。

 この日も白衣姿で撮影に臨んだ小百合。共演者の逮捕という不測の事態にも「スタッフもキャストもパワー全開でやっております。どうぞ、温かく見守っていただきたいと思います」と笑顔であいさつ。10月中~下旬のクランクアップに向け完全燃焼を約束した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ