NHK朝ドラ「エール」本放送再開前に特別企画をオンエア! 裕一&音の対談、バナナマン日村も登場!

 前回東京五輪の「オリンピック・マーチ」など、数々の名曲を残した作曲家、古関裕而さんと、妻で歌手として活躍した金子さんをモデルに、音楽とともに昭和を駆け抜けた夫婦の絆を描くNHK連続テレビ小説「エール」(NHK総合など)の本放送が14日から再開されることを受け、その直前となる12日、今後の見どころなどを紹介する「いよいよ来週から!『エール』再開SP」が放送される。

 主人公の古山裕一役を俳優の窪田正孝が務め、その妻、音を女優の二階堂ふみが演じる同作。「再開SP」では、窪田と二階堂が対談。土曜日ナビゲーターを務めるバナナマン・日村勇紀も出演し、劇中に登場する名曲エピソードや、第14週「弟子がやって来た!」からの“後半戦”について、その見どころや、再開に向けての気持ちなどについて語る。物語には戦争の足音が忍び寄り、裕一たちは時代の波に飲み込まれていくのだが…。

 同作は新型コロナウイルスの影響で撮影スケジュールの変更を余儀なくされ、6月26日放送の第65話をもって放送を一時休止。翌週の29日からは第1話からの再放送が始まった。収録は6月16日から再開されていた。

 ネットには、本放送の再開を待ちわびた視聴者の声が相次いでおり、「早く14日にならないかなぁ エール再開嬉しいなぁ」「もーすぐエール再放送終わるのか~ 面白かった~」「長かったーー!!!!!早く音の三河弁が聞きたいぞ」「エールの放送やっと再開されるの楽しみだし突如現れたハナコの岡部さんが何者なのか」といったコメントが殺到している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ