三浦春馬さん出演ドラマ「太陽の子」映画版公開決定 トレンド入りで「まだ楽しみを残してくれた春馬君に感謝」

 7月18日に亡くなった俳優の三浦春馬さん(享年30)が出演し、8月15日に放送されたNHKドラマ「太陽の子」が2021年に映画版として公開されることが決まった。9日、各メディアが報じ、三浦さんとスタッフで運営するツイッターアカウントでも告知されると「太陽の子」がツイッターのトレンドに。三浦さんのファンを中心に話題となった。

 同作は、戦時下の科学者の苦悩を描く青春群像劇で、主演は俳優の柳楽優弥。核分裂のエネルギーを使った新型爆弾を作るという依頼を受けた京都大学の物理学研究室で研究を進める研究員を柳楽、その弟を三浦さんが演じた。このほか、女優の有村架純も兄弟が思いを寄せる女性役で出演した。映画版では、テレビドラマ版とは異なる視点で物語を描く。

 三浦さんのツイッターアカウントでは「ドラマ『太陽の子』がテレビドラマとは違った視点で描かれた映画版として2021年に正式公開が決定いたしました」と伝え、「公開日、上映館などお知らせできるようになりましたらこちらでお知らせいたします」とした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ