「のだめカンタービレ」作者が地方在住者に謝罪!? SNS「二ノ宮先生が謝ることは…」「地方民への配慮ありがとうございます」

 人気漫画「のだめカンタービレ」の原作者、二ノ宮知子さんが9日、自身のツイッターを更新。2006年に放送されたフジテレビの月9ドラマ「のだめカンタービレ」が、同日午後3時50分から再放送(関東ローカル)されることについて告知した。このツイートに多くのフォロワーが反応。さまざまなコメントが寄せられている。

 二ノ宮さんはこの日、ツイッターで「のだめカンタービレ再放送 9/9水~ 月ー金15:50~16:50フジテレビ」と告知。そのうえで、主人公の野田恵と同じ音大の先輩、千秋真一がピアノの前で楽譜を見ながら相談しているイラストを添付し、関東地方以外の在住者に向けて「『変態ピアニストVS俺様指揮者のラプソディ』 関東圏のみですみません…のでイラストあげときます」とツイートした。

 同作が地上波で再放送されるのは14年7月以来の6年ぶり。今回が通算7回目となる。ドラマは二ノ宮氏の同名漫画を原作に実写化したもので、女優の上野樹里が、音楽を一度聴けば弾けてしまうという天才的な一面を持ちながら、楽譜を読むことが大の苦手という音大生、野田恵(通称、のだめ)を熱演。その相手役で、ピアノやバイオリンの演奏は一流という音楽エリートで指揮者を目指す千秋真一を俳優の玉木宏が演じた。最初の放送から14年が経つが、その人気は根強く、今月1日、関東地方でドラマ再放送が決まったという報道が流れると、ツイッターで「上野樹里」「のだめカンタービレ」「のだめ再放送」などの関連ワードがトレンドに入るなど、ネットが大盛り上がりとなった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ