大麻で逮捕の伊勢谷友介容疑者は故山本寛斎さんの異母弟 通信制サポート校学長も

 大麻取締法違反の疑いで逮捕された伊勢谷友介容疑者(44)は、7月21日に76歳で死去したファッションデザイナー、山本寛斎さんの異母弟。死去が公表された後の7月27日には、インスタグラムに互いが27歳だった頃のコラージュ写真をアップし、長文で追悼した。

 病床で最後に聞かれた「俺の生き方、どうだ?」という言葉を紹介し「僕は慌てて『凄いです。世界のファッションに早くから挑戦して、イべントの演出家として大きなショーを現実にしたことも』と。寛斎さんは満足気に小さく頷(うなず)いた」(原文ママ、以下同じ)。

 伊勢谷容疑者は東京芸大大学院出身で、ファッションモデルを経て俳優になり、実業家としても活動。「寛斎さんの死は、これからの自分に新たに喝を入れられました。あなたの血は、僕の中に生きてます。『世界基準でやりたい様にやる』、あなたに負けず、僕は『すべての人が容易く生きれる社会』を現実にしたいです」と思いをつづっていた。

 社会貢献にも力を入れ、2019年に開校した通信制サポート校の学長も務めている。今年5月には新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて経済的に厳しい高校生100人に、「最高のオンライン授業とパソコンとWi-Fi環境1年分」を提供するクラウドファンディングプロジェクトを立ち上げるなど、精力的に活動していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ