田中圭、鈴木おさむ氏とのタッグで新境地! 生徒に命を狙われる教師役にネット「この笑顔が怖くて不気味」「どんだけ忙しいんだ」「飲みすぎないように、、笑」

 俳優の田中圭(36)が10月31日スタートの連続ドラマ「先生を消す方程式。」(テレビ朝日系、土曜後11時00分~)に主演することが8日、サンケイスポーツなどによって報じられた。ヒットメーカーの鈴木おさむ氏(48)によるオリジナル脚本の作品で、ドラマでは自身初の教師役を演じ、“恐怖の進学校教師”という役柄で、新境地に挑むという。この話題にネットは沸き、同日、ツイッターでは「先生を消す方程式」や「鈴木おさむ」といった関連ワードがトレンド入り。SNSに、さまざまな反応が集まった。

 “超売れっ子俳優”の田中が、異色の学園サスペンスでテレビドラマ初の教師役に挑戦する。サンスポによると、今作は、生徒らに命を狙われる教師を描く物語で、田中自身も「教師いじめの話は聞きますが、今回はそれを通り越して命を狙われる役。正直、頭がパニくっています」と混乱状態だ。さらに、放送される同局の土曜午後11時帯は、2018年の「おっさんずラブ」、昨年の「おっさんずラブ-in the sky-」と1年に1作、主演を務めてきた思い入れのある「土曜ナイトドラマ」枠。「どうしたって気合は入ります」とやる気満々だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ