剛力彩芽、オスカー退社で個人事務所立ち上げも“後ろ盾”代わっただけ?

 女優の剛力彩芽(28)までもがオスカープロモーションを退社した。

 「剛力さんはすでに個人事務所を立ち上げています。一度は破局も、復縁したZOZOの創業者・前澤友作氏(44)の知人が設立に携わっているようですね」(スポーツ紙記者)

 剛力は自身のSNSで「これからは自分自身で考え選択し挑戦」していくと、退社報告と同時に決意を表明している。

 「かつて、ネットなどでは“事務所のゴリ押し物件”と言われ、いわれのないバッシングを受けた時期もある剛力さんですが、実際、事務所の強力なプッシュで売れたのは事実です。そんな剛力さんだけに、今後は自分で仕事を選択していくというコメントは感慨深いものがありますが、後ろ盾が前澤氏に代わっただけという見方もあります。それにしても、オスカーからのタレントの流出が止まらないことの方が心配です」(前出・スポーツ紙記者)

 看板女優の米倉涼子(45)、岡田結実(20)らの退社に続き、今回、さらに紫吹淳(51)、福田沙紀(29)、堀田茜(27)らの退社もわかった。

 今後は、現在「半沢直樹」に出演中の上戸彩の動向に注目が集まりそうだ。 (zakzak編集部)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ