「12人の優しい日本人」再放映なのにトレンド入り 「怪演観よう」とトヨエツ推し多数 川俣銀行元支店長=相島一之も宣伝ツイ

 NHKのBSプレミアムで7日午後9時から、映画「12人の優しい日本人」が放映されることを受け、歓喜する同作ファンの声がネットで広がり、検索トレンド入りする事態になっている。

 同作は、1990年に初演された脚本家・演出家・映画監督の三谷幸喜氏の戯曲を元に翌91年、中原俊監督によって映画化された作品。陪審制をテーマにした法廷映画の名作「十二人の怒れる男」へのオマージュとして、「もし日本にも陪審制があったら?」という架空の設定で描かれるコメディーだ。ある殺人事件の審議のため集められた12人の陪審員。被告が若く美人で、不幸な境遇にあったことから、全員一致で無罪との結論に達するが、一人が異議を唱えたことから結論が二転三転、審議は大混乱に…というストーリー。三谷氏の劇団「東京サンシャインボーイズ」の劇団員で舞台版のオリジナルに出演していた相島一之、梶原善や、無名時代の豊川悦司が注目されるきっかけになった一本でもある。

 公開からすでに30年近く経過している作品であり、テレビではすでに何度も放映されているにもかかわらず、再放映するというだけでトレンドに入るほどに今も熱烈に支持するファンが多いようだ。ちなみに、陪審制とは異なるが、日本の裁判員制度が始まったのは、同作の公開から18年後の2009年だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ