アニソン総選挙「エヴァンゲリオン」対「鬼滅の刃」の一騎打ち? ネットの声は…「納得」「惜しい」「3位に入ったヤマト凄い」

 国民13万人がガチ投票し、注目を集めた「アニメソング総選挙」(テレビ朝日系)が6日、放送され、1位に1995~96年に放送された「新世紀エヴァンゲリオン」の主題歌、高橋洋子の「残酷な天使のテーゼ」が選出された。注目を集めた人気アニメ「鬼滅の刃」(2019年)の主題歌、LiSAの「紅蓮華」は2位にランクイン。昭和を代表する名曲「宇宙戦艦ヤマト」の主題歌(歌・ささきいさお)が3位に輝くなど、幅広い層が楽しめる結果となった。このランキングにネットも沸き、同日、ツイッターで「アニソン総選挙」「エヴァ1位」「LiSA」などの関連ワードが続々とトレンド入り。視聴者から多くの感想や意見が集まった。

 注目された「エヴァ」対「鬼滅」の直接対決。軍配は「エヴァ」に上がった。この結果に多くの視聴者も納得したようで、ツイッターには「世代と人気度で言えばエヴァ1位は妥当だよな」「やっぱエヴァ1位か~!!安心!」「エヴァ1位はやっぱりって感じだな」「もう人生の一部といっても過言では無いです…エヴァ1位は納得です笑 あれに勝つものは無いですね!」「まぁ名曲だしね、しょうがないね」などの書き込みが殺到した。

 昨年放送された作品でありながら、爆発的な人気で2位に入った「紅蓮華」。ネットではこの曲を1位に予想した視聴者も多く、「紅蓮華1位」がトレンドに入るなど、同日のツイッターを賑わせた。惜しくも次点に終わったが、SNSには「歴史ある他の曲を抑えて、紅蓮華2位ってすごいな」「紅蓮華普通にいい曲だし、最近のアニメで2位とか普通に凄い」「最近の人気で言ったらダントツだもんね」など、この結果をたたえる投稿が相次いだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ