元なでしこジャパン、丸山桂里奈が結婚! 相手は元日本代表GK本並健治氏

 元サッカー女子日本代表FWで国民栄誉賞にも輝いたタレント、丸山桂里奈(37)がイケメンで知られる元サッカー日本代表GKで解説者、本並健治氏(56)と結婚したことが5日、分かった。

 この日、さいたまスーパーアリーナで行われた「東京ガールズコレクション2020」のランウエーに純白のウエディングドレスとタキシード姿のツーショットで現れ、電撃発表。サッカー元日本代表MFの前園真聖(46)が神父になって公開結婚式を挙げ、この模様はオンラインで生配信された。丸山がメンバーだった2011年の女子W杯優勝監督の佐々木則夫氏(62)も祝福に駆け付けた。丸山は初婚、本並氏は再婚になる。

 11年の女子W杯・準々決勝のドイツ戦で決勝ゴールを決め、なでしこジャパンの優勝に貢献した丸山が、幸せのゴールをひそかに決めていた。お相手は丸山にとって恩師にあたる本並氏。G大阪で活躍した現役時代、“なにわのイタリアーノ”と呼ばれるほど堀の深いハーフ顔で若い女性から絶大な人気を誇ったイケメンだ。

 壇上でなれそめを聞かれた丸山は「きっかけは私が好きになったこと。もともと人間として大好きでしたが、今年に入ってから唇をもってかれたいなと思うようになりました」と告白。本並氏のタキシード姿を見て「顔も黒だし、黒い服ばっかりだから全然違う人に見えた」と大喜び。本並氏も「いつもジャージかユニホームしか見ていないのできれい。新鮮ですね」と笑みがはじけた。

 関係者によると、前日の4日夜に丸山がマネジャーと東京都内の区役所へ婚姻届を提出した。本並氏は丸山に任せて自宅で寝ていたという。丸山が心酔する琉球風水志シウマさん(41)に占ってもらったところ、4日を勧められ、丸山自身も「九死に一生を得たということわざがあり、縁起がいい」と決めた。

 2人の出会いは、本並氏がなでしこリーグ・スぺランツァFC大阪高槻の監督に就任した12年。丸山も同チームへ移籍し、監督と選手という関係だった。

 本並氏は16年に監督を退任、丸山も同年に引退。ともに大手芸能事務所、ホリプロに所属しており、一緒にサッカー教室を開いたり、事務所のフットゴルフ部で活動するなど師弟関係は続いた。丸山はサッカー教室の練習メニューを相談するうちに、親身になって話を聞いてアドバイスをくれる本並氏に好感を抱くようになったという。

 ただ、2人が恋愛関係になったのは今年に入ってから。コロナ禍で外出自粛になり、電話などで連絡を取るうち互いに重要な存在だと気付き、愛情を育んでいった。プロポーズの言葉について丸山は「(本並が)先に私のお父さんとお母さんに結婚しますと言ったので、されていないんです」と明かした。ちなみに本並氏は、丸山に出会う前に前妻とは離婚している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ