AKB、3日から有観客公演再開も定員は10分の1に…ファン“コール禁止”にもめげず「辛いけどここが重要なんだ!」

 アイドルグループ、AKB48の専用劇場「AKB48劇場」(東京・秋葉原)で3日から有観客での公演が再開されることになり、待ち望んでいたファンらは「これは大きな一歩!」「心強い」と一斉に歓喜した。しかし、当面は1公演あたりの定員が約10分の1の27人に。新型コロナウイルスの感染拡大が収まらないなか、定員の大幅な削減に加え、「コール」と呼ばれる掛け声も禁止されるため、「27人って超狭き門じゃないです?」「48人じゃないんだね」「コール禁止!」などと、嬉しいような悲しいような複雑な心境をツイッターで吐露している。

 公式サイトによると、3日午後7時の「僕の夏が始まる」公演から再開。観客同士の距離を1メートル、ステージと客席の距離は2メートルを空けるという。ただ、劇場の収容人数250人に対し、観覧可能な人数は約10分の1の27人に削減されることから、「27名!」「どう考えても当たらない(笑)」「いよいよやなー。そんなん言うても倍率やば過ぎて当分の間は入られへん笑」「コロナ対策で入れる人数が限定されるので当てるのはかなり難しいですね」と、早くも“倍率”を気にする投稿が相次いだ。

 公式サイトには、27人の観覧位置を示した座席の図面も掲載されており、隣席との間隔を十分に空けた配置に、「有観客公演の客席レイアウトすごいな」「座席表を見たら驚きの配置で笑った」といった反応も続出。さらに、大きな発声を伴う歓声やコールが禁止されたこともファンにとっては衝撃だったようで、「仕方ないことだとは思うけど、コールや歓声できないのは辛いな」「歓声禁止・・・辛いけどここが重要なんだ!」と苦しい胸中をのぞかせるツイートも目立った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ