「のだめカンタービレ」6年ぶりの再放送決定でネット大騒ぎ SNS「嬉しすぎる」「私の人生で一番の実写化」「真澄ちゃん待ってたよ」

 女優・上野樹里と俳優・玉木宏が主演を務め、社会現象を巻き起こしたフジテレビ系の月9ドラマ「のだめカンタービレ」(2006年)が地上波で9日から再放送(毎週月~金、午後3時50分~)されることが決まり、ネットで、多くの“のだめファン”が喜びを爆発させた。1日、ツイッターでは「上野樹里」「のだめカンタービレ」「のだめ再放送」などのワードが相次いでトレンド入りする事態となり、SNSに多くのコメントが殺到した。

 漫画家・二ノ宮知子氏による同名の大ヒット漫画を原作にした同作。個性的なキャラクターたちが織り成す爆笑青春コメディーで、上野が“のだめ”の愛称で知られる桃ヶ丘音楽大学ピアノ科3年の野田恵を演じた。のだめは、音楽を一度聴けば弾けてしまうという天才的な一面を持ちながら、楽譜を読むことが大の苦手という音大生。作曲者の意図を無視し、演奏で暴走してしまうこともしばしばという役どころだ。

 一方、玉木が演じたのは、同じピアノ科の4年生、千秋真一。ピアノやバイオリンの演奏は一流という音楽エリートの千秋は、指揮者を目指し、密かに勉強を続けていた。しかし、飛行機恐怖症という一面があり、海外留学すらままならないという不遇の天才だった。そんな2人がひょんなことから出会い、一緒にレッスンを始めるようなったことから、物語が動き始める。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ