ラサール石井のツイートを「総理になってから言ってもらいたい」と批判した金子恵美氏の発言に賛否 「頷ける」「それを言っちゃあおしめえよ」

 潰瘍性大腸炎を理由に辞任を表明した安倍晋三首相(65)に対するタレント、ラサール石井(64)のツイートをめぐり、30日放送のTBS系「サンデージャポン」(日曜前9・54)に生出演した元衆院議員の金子恵美氏(42)が、「総理になってから言ってもらいたい」と発言したことがネットで物議を醸している。「金子恵美さんの仰る通りです」と支持する声がある一方で、「比較的客観性を持ったコメントが多い方だと思っていたが、この発言で萎(な)えたかも」などとがっかりしたという反応もあり、賛否が分かれた。

 きっかけはラサール石井のツイート。ラサールは28日夜、安倍首相の辞任表明について「望んでいたことだが、全く喜びも感慨もない。何とも言えぬ脱力感。記者会見はヌルく、まるで番記者と総理のお別れ会のよう。3年B組金八先生か」と切り出し、「てかプロンプターなしでできるんじゃん。最初からそうすりゃいいのに。まだまだ闇は続く。何も終わらぬ。何も変わらぬ。みんなで見続けるしかない」と投稿した。

 このラサールのツイートには「本当に喜びがまったくありません。辞めてほしい辞めてほしいとずっと思っていたのに、ただただ虚しいです」と賛同するリプライもあったが、「もうちょっと言い方あるだろう。情けない方」「指定難病を抱えた状態で、首相の重責に耐えてこられた事さえも、理解出来ない様子。果たしてそれを身内に言ったら、どの様な反応が返ってきますかねえ」といった批判が殺到し、炎上した。

 番組で金子氏もラサールのツイートを批判。「全くをもって政治家をやったことのないコメンテーターのコメントだと思います」とバッサリと斬り、「一度でも選挙に出て、国家のために命を尽くそうと思った人間であったなら、健康を理由に辞めることがどんなにつらくて、悔しいことなのか。(安倍首相は)どんなに悔しかったのかなと私はすごく思う。選挙に出て、総理になってから言ってもらいたい」と憤りをあらわにした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ