内海桂子さん死去で弟子のナイツ塙を気遣う声 「心配」「なんて言うんだろ」  「モノマネ封印?」との懸念も

 女性漫才師の第一人者として活躍した内海桂子(うつみ・けいこ、本名・安藤良子=あんどう・よしこ)さんが、22日に多臓器不全のために97歳で亡くなった。この訃報を受け、内海さんの直弟子で、デビュー当時から師匠のモノマネを定番芸にもしていたことで知られる漫才コンビ、ナイツの塙宣之(42)の名前がトレンド入り。幅広い世代に内海さんを知らしめた塙の功績が浮かび上がった。

 ツイッターには、「え、内海桂子師匠って塙さんがよく言ってた人!?」「内海さん、ナイツ塙が漫才の枕でネタにしてるのしか知らんけど、それで名前自体はよく聞いていたから、顔も知らないけどこのニュースはすごく悲しい…」など、内海さん本人のことはよく知らないが、塙のモノマネは知っているというユーザーから、驚きの声が多数あがっている。

 「訃報みてまっさきにナイツ塙のツイッター覗きに行ってしまった」「ナイツ塙が心配」「なんて言うんだろ」「泣くかな?ネタにするかな?」「どんなボケをするのだろうか?」など、師匠を亡くした塙を案ずる声も少なくない。塙はツイッター、アメーバブログ、YouTubeに公式アカウントがあり22日以降もそれぞれ更新されているが、28日午後2時の時点で、内海さんの死去に関係した投稿はまだ見られない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ