「辞めさせてください」発言の小倉優香、ラジオ番組降板決定でネットの反応は? 「これからの人生大変や」「希望通り」「これで普通に番組楽しめる」

 MBSラジオの「アッパレやってまーす!」の生放送で、突然降板を直訴した女優でモデルの小倉優香について、同社の三村景一社長(65)が夏季社長会見で「ご本人のご希望どおり番組を降板いただきます」と回答したというニュースが26日、多くのメディアによって報じられ、ネットにさまざまな意見が集まっている。

 7月29日に生放送された番組で、早寝早起きのリズムがつらいことなどを理由に「辞めさせてください」と発言した小倉。その後、3週連続で番組を欠席していた。今後は後任を立てず、小倉以外のメンバーで番組を継続していくという。

 三村社長の発言を受け、ヤフーのトレンドランキングでは「小倉優香」が急上昇。今後の小倉や所属事務所を心配する声は多く、ネットには「本人は別にこれからの芸能活動が無くなっても別に構わない、という覚悟で発信したのかもしれないが、その覚悟があるならば、やはり大人、社会人の対応としてもっとやり方があったと思う」「アイドルや女優 メディアで活動したくてもできない人いるのに 21歳でこれからの人生大変やと思います」「タレントさんの事務所は大変だろな」といった書き込みが見られた。また、生放送で降板を直訴という行動に批判的な人からは「希望通り!やったね!!」といった冷めた意見も届いた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ