小泉今日子、サブスク解禁でネット歓喜!「あまり邦楽聴かないけどキョンキョンは別格」「聖子ちゃんや明菜にはない独特なエモさがある」「残るは中山美穂か」

 ビクターエンタテインメントが21日、歌手で女優の小泉今日子の全楽曲のストリーミング配信を開始した。Apple MusicやAmazon Musicなどの定額制(サブスクリプション)音楽配信サービスで、対象になるのは、デビューシングル「私の16才」(1982年)から、「なんてったってアイドル」(85年)、「学園天国」(88年)、「あなたに会えてよかった」(91年)などのシングル曲と、そのカップリング曲やアルバム収録曲。計104タイトルのべ726曲には、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」で話題になり、2013年に「天野春子」名義でリリースされた「潮騒のメモリー」も含まれる。同日、このニュースはネットで大きな注目を集め、ツイッターでは小泉の愛称「キョンキョン」がトレンド入り。多くのファンが歓喜の声を上げた。

 ツイッターには「キョンキョンが来た~」「キョンキョンのサブスクうれしすぎる」「キョンキョン聞き放題ありがとうございます~」などの書き込みが殺到。「今日はさっそくキョンキョン聴きながら仕事してる」「今日はキョンキョン流しっぱなしDAY」というネットユーザーも多く、なかには「いろいろ思い出して泣きそう 今日はキョンキョン一色になりそう」と涙を流す熱いファンもいた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ