NHK朝ドラ「エール」、鉄男と希穂子の悲恋にネット再び涙…梅の副音声にネット「切ない」「同感」

 NHK連続テレビ小説「エール」の第45話(再放送)が19日、放送され、ネットユーザーらは、主人公、古山裕一(窪田正孝)の幼なじみ、村野鉄男(中村蒼)の元恋人、希穂子(入山法子)の演技に“再び”涙した。2度目の放送にもかかわらず、同日、ツイッターでは「希穂子さん」というワードがトレンドに入る事態となり、2人の悲恋に多くの視聴者が感想を書き込んだ。

 前回東京五輪の「オリンピック・マーチ」など、数々の名曲を残した福島県出身の作曲家、古関裕而さんと、妻で歌手として活躍した金子(きんこ)さんをモデルに、音楽とともに昭和を駆け抜けた夫婦の絆を描く同作。主人公の裕一役を窪田が務め、妻の音を女優の二階堂ふみが演じる。

 この日の放送は第9週「東京恋物語」のクライマックスで、鉄男と希穂子の、涙なしでは見られない悲恋の真相が描かれた。

 鉄男は裕一の小学校時代の幼なじみ。子供のころは、腕っぷしの強いガキ大将として周りから恐れられ、“乃木大将”のあだ名で呼ばれていた。一方、詩を書くのが好きという優しい一面もあったが、家庭が貧しく、父親がそれを許さなかった。その後、一家は借金を重ねて夜逃げをし、町から姿を消したが、鉄男は小学校時代の恩師、藤堂清晴(森山直太朗)の紹介で地元福島の新聞記者となった。裕一とは福島のダンスホール付近で偶然再会。それ以降、2人は音楽を通じて交流が続いている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ