「半沢直樹」5話で見せた女優・階戸瑠李の気だるそうな演技が話題! SNS「プロのお仕事」「一番光ってた」「今回のMVP」

 16日に第5話が放送され、平均世帯視聴率25・5%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)という高い数字をマークした人気の連続ドラマ「日曜劇場 半沢直樹」(TBS系)。放送後、毎回さまざまなシーンがネットで話題になるが、第5話では、女優の階戸瑠李の演技に注目が集まり、彼女の公式ツイッターに多くのコメントが集まっている。

 俳優の堺雅人が主演を務め、型破りな銀行マン、半沢直樹の奮闘ぶりを描く人気シリーズ。直木賞作家の池井戸潤氏の人気小説を原作に2013年に前作がドラマ化された。続編となる今作は“後編”に突入し、出向先の東京セントラル証券から東京中央銀行営業第二部次長に復帰した半沢が、さまざまな敵と戦いながら、破綻寸前の航空会社「帝国航空」の再建に奔走する様子が描かれる。 

 第5話で、半沢は帝国航空に対して会社の再建案を提出。これに経営陣が猛反発するが、半沢は会社の内側から変わっていくことが重要と訴え、経営陣を説得する。しかし、社長たちが納得しかけたとき、なぜかその再建案が社内全体に漏れてしまった。しかもその中身は、社員にとってマイナスなことばかりが書かれたものに加工されており、半沢の案に多くの社員が反対した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ