半沢直樹と対峙する弁護士役でイメージ一新? 筒井道隆演じるヒール役にネット「こんなに似合うとは」「背筋ゾクゾクする」「あすなろ残像持ちすぎ」

 俳優・堺雅人が主演を務める連続ドラマ「半沢直樹」(TBS系)の第5話が16日、放送され、この日のエンディングで半沢(堺)と、俳優・筒井道隆演じる弁護士の乃原正太が初対峙。乃原の太々しい態度にネットも沸き、SNSが「早く日曜になれ」「早く観たい」などと沸き立った。

 堺が型破りな銀行マン、半沢直樹を演じ、その奮闘ぶりを描く物語。直木賞作家・池井戸潤氏の人気小説を原作に2013年に前作がドラマ化された。続編となる今作も“後編”に突入し、出向先から東京中央銀行営業第二部次長に復帰した半沢が、さまざまな敵と戦いながら、破綻寸前の航空会社「帝国航空」の再建に奔走する様子が描かれる。

 乃原は大手企業の再建で数々の実績を上げてきた有名弁護士。巨額の負債を抱える帝国航空を再建するため、白井亜希子国土交通相(江口のりこ)が設置した私設の再生検討チーム「タスクフォース」のリーダーとして半沢と対立する。タスクフォースは、帝国航空の債権を保有するそれぞれの銀行に一律7割の債権放棄を検討しており、この計画が実現すれば、東京中央銀行は約500億円もの債権を手放さなければならなくなってしまう。半沢は自力再建させるため、帝国航空の現場を訪問。さまざまな部署で働く社員たちに触れるなか「自力復活が可能」と確信し、東京中央銀行として大胆な再建案を提出した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ