おぎやはぎ小木、初期の腎細胞がん告白「まさか自分が」

 お笑いコンビ、おぎやはぎの小木博明(48)が、初期の腎細胞がん(ステージ1)により、17日から入院し、治療に専念することを発表した。13日深夜に放送されたTBSラジオ「おぎやはぎのメガネびいき」(金曜前1・0)で報告した後、所属事務所のホームページ上でも発表された。

 番組エンディングで、小木は頭痛の治療で入院した際にエコーの検査を受けたと報告。検査の結果がなかなか出ず、個室で検査の結果を聞くことになったと振り返った。「個室でさ、モニターもあるのよ。『腎細胞がんです』って言われたよ。告知されたよ。がん告知を」と告白した小木。がんについて「5センチ以上あるのかな。でもステージ1だからね。びっくりちしちゃってさ」と説明した。相方の矢作兼(48)が驚く中、小木は「とりあえずみなさん、検査は行った方がいいね。来週も再来週も休みますよ。手術する。さようなら」と報告し番組は終了した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ