コロナに感染し入院の吉沢悠、3度目の検査で陽性判明にツイ民「陰性でも安心できん」「めちゃきついな」

 俳優、吉沢悠(41)が新型コロナウイルスに感染し入院したことが7日、公式モバイルサイトなどで発表された。国内では同日、新たに判明した感染者が1日当たりの最多を更新。6日にはビジュアル系エアーバンド、ゴールデンボンバーの歌広場淳(34)の感染が判明したばかりで、ネット上でも激震が走った。吉沢は2度の検査ではいずれも陰性だったが、3度目の検査で陽性と判明したことから「本当にコロナウイルスは厄介ですね…」などと騒然としている。

 公式サイトによると、吉沢は7月31日に体調を崩し発熱。今月1日に医療機関でPCR検査を受けたが、結果は陰性。大事をとって外部との接触を避けて自宅待機を続けるも発熱が続いた。4日には抗原検査を受けたが、再び陰性だった。しかし、咳(せき)や背中の痛みが増したことから6日に再びPCR検査を受けたところ、今度は陽性と確認されたため、入院することになったという。公式サイトでは「今後も医療機関、行政機関の指導の下、当人の体調管理を徹底してまいります」としている。

 歌広場淳も一度陰性と判定され、9日後の再検査で感染が判明していたが、吉沢は3度目にしてようやく感染が分かった。この事実に、ツイッターでは「陰性でも安心できんのやね」「1度じゃなく2度陰性じゃん…」「これめちゃきついな。2回違うと言われてからの陽性」「陰性だったのに、数日後にPCR陽性になることがあるのが怖いな」とかなりの衝撃をもって受け止められている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ