杜このみ、高安と7月中旬に結婚&妊娠4カ月を発表

 演歌歌手、杜このみ(31)が6日、東京都内で本紙などの取材に応じ、婚約中の元大関高安(30)と先月中旬に結婚し、第1子を妊娠していることを明かした。現在4カ月で来年2月に出産予定。高安が昨年春場所以来となる2桁勝利を飾った7月場所をおなかの中の赤ちゃんと見守った杜は、「会える日を楽しみに、かけがえのない愛しい宝物を夫婦で守ってあげたい」と幸せいっぱいに語った。

 昨年10月の婚約発表から約10カ月。角界と演歌界の注目カップルが“ダブルおめでた”を発表した。

 「7月場所の前に結婚しました。そして、ありがたいことに新しい命を授かりました」

 この日、本紙などの取材に応じた杜は幸せいっぱいに報告。婚姻届は7月中旬の大安に提出し、同居生活をスタート。挙式はコロナ禍の状況をみて、「来年、再来年にできたら」と望んだ。

 妊娠が判明したのは、6月16日に行った新曲「郷愁おけさ」の発表会翌週。高安にはゲームで対戦中に伝え、「最初は驚いていて、平常心を取り戻すために、もう1回戦した後に『おめでとう』と言ってくれました」とほほえんだ。

 新たな家族の存在が高安の復活を後押しした。けがからの復帰場所となった7月場所は10勝5敗と勝ち星を重ね、昨年春場所以来の2桁勝利となった。つわりと戦いながら手料理などでサポートした杜は、「本人も『赤ちゃんのために』と言って、2桁勝利してくれて本当に良かった」と感激。「毎日、赤ちゃんに『応援しようね!』と言ってテレビで観戦していました」とはにかんだ。

 子供の性別は判明していないが「男の子だったらお相撲さん。女の子だったら演歌歌手にしたい」とママの顔をのぞかせ、「最近は胎教で相撲甚句や新曲を聞かせています」と“英才教育”をしていることも告白。師匠の歌手、細川たかし(70)も「おめでとう!」と喜んでいたという。

 今後は体調を見て産休に入る。夫を支えながら歌手活動は続けるとし、「子供にいい姿を見せられるように頑張っていきたい」と誓った。

 来年2月にパパになる高安もコメントを寄せ、結婚と妊娠を報告。妻のファン、相撲ファンに感謝し「皆様に恩返し出来ますように夫婦で力を合わせて頑張りますので今後とも応援の程宜しくお願い申し上げます」(原文ママ)とつづった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ