杏と東出昌大が離婚 不倫騒動から半年…杏に3人の子供の親権も協力して育てることで合意

 女優、杏(34)と俳優、東出昌大(32)が離婚したことが31日、分かった。この日、代理人が離婚届を提出した。関係者によると、3人の子供の親権は杏が持ち、慰謝料はないもよう。東出と女優、唐田えりか(22)の不倫がきっかけで、今年1月に東出が家を飛び出し、別居。当初は関係修復に努力したが、溝は埋まらず、弁護士を通じて離婚協議を進めていた。2人は1日に連名で正式に離婚を発表する。

 おしどり夫婦と思われていた杏と東出の衝撃の別居発覚から半年あまり、ついに離婚が成立した。複数の関係者の話を総合すると、3人の子供の親権は杏が持つが、2人で協力して育てることで合意し、東出が離婚届に判を押したという。

 慰謝料は、東出が不倫騒動でCMを降板した際に多額の違約金を抱えていたため、弁護士を立てていた杏サイドが要求するのは厳しいと判断し、断念したようだ。

 また、このタイミングでの離婚となったのは、東出が出演した映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」の公開から1週間がたち、プロモーションが一段落し、映画関係者や共演者に迷惑がかからないと判断したためという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ