デザイナー山本寛斎さん死去、二女・未來がインスタで報告 ネットも涙「まだ信じられません」「お父様は時代を作ったひとり」

 女優の山本未來が27日、自身のインスタグラムを更新し、3月に白血病と診断されたことを公表し、闘病生活を送っていた父でデザイナーの山本寛斎さんが亡くなったことを報告した。76歳だった。

 山本はこの日、笑顔を浮かべる寛斎さんの写真をインスタにアップし、「父、山本寛齋は去る7月21日、 私を含め家族か?看取る中、安らかに76歳にてこの世を旅立ちました」と投稿。そのうえで「私にとって、父はエネルギッシュで明るいことはもとより、穏やかで、寛大で、人懐っこく、コミュニケーションを大切にし、無償の愛を与えてくれた存在でした」と寛斎さんへの思いをつづった。

 世界的なファッションデザイナーとして知られ、イベントを演出するプロデューサーとしても活躍した寛斎さん。コメント欄には「日本の宝が、また1人居なくなってしまい残念です。ご冥福をお祈りいたします」「まだ信じられません」など、悲しみに暮れる書き込みが寄せられた。また、「山本寛斎さんのスーツや着物が大好きでした」と寛斎さんへの思い出を書き込むファンや、「寛斎さんは日本のファッションを世界へ切り開いて下さったパイオニアです」「お父様は時代を作ったひとりだと思います」と、寛斎さんの功績をたたえるネットユーザーもいた。

 寛斎さんは3月31日にインスタで自身が急性骨髄性白血病であることを公表。「診断を受けた当初はとても驚きましたが、まずは入院生活を明るく楽しく過ごそうと思い、とびきりカラフルなパジャマを用意することから始めました。今まで様々なことにチャレンジし続けてまいりましたので、今回のことも新たな挑戦と捉え、前向きに治療に励んでおります」などとつづり、闘病を続けていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ