横浜流星に「自分を責めず早く元気な姿見してな」 「トッキュウジャー」で共演、平牧仁のエールに共感集まる

 俳優の平牧仁が22日、自身のツイッターを更新。新型コロナウイルスに感染した俳優、横浜流星に向けてエールを送ると、多くの人の共感を呼んだ。

 21日、横浜の所属事務所が感染を発表。今をときめく、人気俳優の感染にネットでは衝撃が走った。

 2014~15年にテレビ朝日系で放送された特撮ドラマ「烈車戦隊トッキュウジャー」で横浜と共演した平牧は、横浜との2ショット写真を添えて「流星。自分を責めず早く元気な姿見してな」とメッセージ。「もう誰がコロナになってもおかしくない。どうか優しい世界になりますように」と願い、「空手でコロナやっつけてくれ!!!」と空手が得意な横浜を激励した。

 このツイートに多くのファンが反応し、リプ欄には「流星くんを知る方がこういう発信をしてくれるとファンの支えにも希望にもなります。ありがとうございます」「流星くん心配ですね。また元気な姿を見せてくれるのを願ってます」「仁くん、優しい言葉をありがとう。涙が溢れました」「そーだよね、、、自分を責めないでほしい」などの声が集まった。

 また、「トッキュウジャー」のなかでのセリフ「勝利のイマジネーション!」にかけて、「今こそイマジネーションの力を信じる時ですね!」「イマジネーションがあればどんな困難だって乗り越えられると僕は信じています!」と返信する特撮ファンも。「トカッチの心遣いが嬉しい」など、同作で平牧が演じた役名である「トカッチ」と呼びかけるファンも少なくなかった。

 横浜は20日夜、舞台の稽古からの帰宅途中に倦怠感を覚え、検温したところ発熱が判明。医療機関で抗原検査とPCR検査を受け、翌21日に感染していると診断された。現在、病院の指導に従って入院し、治療を受けている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ