内田理央「ワクワク」舞台初主演 8・27開幕『星の数ほど星に願いを』

 モデルで女優、内田理央(28)が、8月27日に東京・紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYAで開幕する「星の数ほど星に願いを」(9月6日まで)で舞台に初主演することが19日、分かった。

 劇作家で演出家のブルー&スカイ氏(47)の最新作。石ころを“どんな願いも叶う神秘の石”としてインチキ占い師たちに売りつけて財をなしていた町工場を舞台に繰り広げられる物語で、内田は占い師の数が激減して業績が悪化した町工場の融資を担当する銀行員・ナナ役を演じる。

 3月公開の映画「仮面病棟」で事件に巻き込まれる看護師役や、コロナ禍の影響で5月の放送が延期されたNHK BSプレミアム「明治開化 新十郎探偵帖」のヒロイン役で時代劇に初挑戦するなど女優として成長一途の内田は「あまり舞台での経験がないので、正直不安やプレッシャーがありました。今はブルー&スカイさんの世界に飛び込むことにワクワクしています」と気合十分。

 初座長を務めることには「生のお芝居の楽しさやスリル、舞台でないと見れない景色を見て感じて、たくさん吸収していきたい」と誓っている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ