三浦春馬さん、自宅にあった手帳に「死にたい」 昨年撮影の未発表映画に主演していた

 俳優、三浦春馬さん(享年30)の急死から一夜明けた19日、三浦さんの自宅マンションから見つかった手帳に「死にたい」などと書かれていたことが分かった。フジテレビが報じた。自殺とみられているが、詳しい動機は不明のまま。遺体は検視を終え、警視庁三田署から運び出された。また、未発表の主演映画があったことも判明した。

 「死にたい」。手帳には、三浦さんの苦悩の文字がつづられていた。

 フジテレビの報道によると、東京・港区の自宅マンションから見つかった手帳に書かれていた。

 三浦さんは18日、自宅のクローゼットの中で、首をつった状態で見つかった。仕事先に訪れなかったことを心配したマネジャーが発見。玄関の鍵は閉まっており、警視庁は自殺とみて調べている。私生活で悩みを抱えていたとみられるが、詳しい動機などは分かっていない。

 三浦さんの遺体は三田署で検視を終え、この日午前10時15分頃、両親とみられる2人が同署を訪れた。午前11時頃、遺体を乗せたとみられる車が署を後にし、家族のもとへ。複数の関係者によると、遺体は東京近郊に安置され、故人と小学時代からの親友で格闘家の江幡塁(29)は、遺体に寄り添い、憔悴しきって泣き崩れているという。葬儀・告別式は20日以降に行われるとみられる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ