有働アナ、松平アナのメール紹介でおえつ 「感染して初めて実感するんだろうな」と共感呼ぶ

 13日に発熱したため、キャスターを務める日本テレビ系「news zero」を休んでいるフリーアナウンサーの有働由美子さん17日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「うどうのらじお」(金曜後3・30)に自宅からリモート出演。番組途中で、NHK時代の先輩にあたるフリーアナウンサーの松平定知さんから届いたメールを紹介する際に、感極まって言葉に詰まる場面があり、ネット上には早速ファンからの反応が投稿された。

 PCR検査の結果、新型コロナウイルスは陰性だったが、13日朝には体温が38度5分あり、「ものすごい寒気と倦怠感で起き上がれなかった」と振り返った有働アナ。「今はおかげさまで平熱に戻り、元気です」とやや鼻声ながら体調が戻ったことを明かした。

 発熱した前日の12日に、尊敬する松平アナと会食したそうで、「すごく広い個室ではす向かいで会ったんです。でも、もし、私がコロナで殿(松平)にうつしたかもしれないと思うと…」と、そのときのいたたまれぬ思いを振り返った。

 発熱後、松平アナに電話すると「気にするな。僕はピンピンしてるよ」と言われたことを告白。さらに、その後「きのうは体の変調を無理して来たのではないか。小生のことはまったく気にするな」と有働アナを気遣うメールが来たことを明かすと、数秒間、声を詰まらせ、おえつした。松平アナのやさしさが改めて身にしみたようで、「大切な人にうつしてしまうことがある。それを考えたのが一番辛かった」と振り返った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ