「NO MORE映画泥棒」が6年ぶり新作 「映画化してほしいくらい格好良い」

 また、「もう映画泥棒そのものを映画化してほしいくらい格好良い」「映画泥棒の映画はよ作れやとw まぁ映画じゃなくても短編ドラマでも」と、本編化を望む声や、「頭にあんな重そうなものくっつけているのに首を折らずに演技しているのは、地味に凄い」など、中の人のパフォーマンスへの称賛も散見され、映画盗撮防止の啓発として始まったものが、いまや一つのコンテンツとして受け入れられ、愛され続けていることがうかがえた。

 ほかにも、「ビスタからシネスコに変わったのね」と、前作と比べ画面サイズがシネマスコープ的に横長になったとの指摘、「ロケ地、ひょっとして横浜?」「日ノ出町から黄金町に向かって逃げて赤レンガまで」など、ロケ地に関する推察もちらほら。

 概ね好意的な反応が多いが、カメラ男のダンスが印象的だった前作からダイナミックなアクションへと作風が変わったために「映画泥棒ダンス無くなるのかな?寂しいねぇ」と残念がる人、「インパクトすごいんだけど目が忙しすぎてナレーション何言ってるか何も心に残らなかった」と、啓発CMとして本来伝えるべきメッセージがかすんでいると感じる人も見受けられた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ