「NO MORE映画泥棒」が6年ぶり新作 「映画化してほしいくらい格好良い」

 映画館で作品上映前に流れる「NO MORE映画泥棒」のCMが6年ぶりに製作され、17日から上映される。YouTubeの「映画館に行こう!」実行委員会公式チャンネルでも公開されており、ネットでは早くも話題になっている。

 映画の盗撮による海賊版の流通を防ぐため、同委員会の「映画盗撮防止キャンペーン」啓発CMとして、2007年から上映。第5弾の今回は、劇場内で映画を盗撮して逮捕されたカメラ男が早期釈放され、懲りずにまた盗撮しようとしてパトランプ男に見つかり、映画館を飛び出して、街中で繰り広げられる逃走劇を描いている。

 カメラ男は自身のツイッターで「映画業界を盛り上げるためのこのTwitterなどの功績が認められ、私、この度、早期釈放されたのでございますが、つい悪い癖が…。そんなわけで、私、カメラ男とパトランプ男さんとのハラハラドキドキトの逃走劇をご覧くださいませ」とアピールしている。

 新作発表の報を受け、ツイッターには「ついに劇場を飛び出した!!」「めちゃくちゃ逃げてるやんw」「逃走がグレードアップしてる」「映画泥棒の身体の動きほんと好き」「これを見るために映画いきたいレベル」など、YouTubeで動画を確認したと思われるユーザーから続々と感想が寄せられている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ