欅坂46、10月に活動に終止符→新グループに改名し再始動へ…ネット騒然「嘘でしょ」「解散でなくって良かった」「平手のグループだったということか」

 一方、13日に公式サイトが、生配信ライブにおいて「欅坂46より、皆さまへ重要なメッセージをお伝えする予定です」と告知。ファンの間では解散説などが飛び交っていたため、この発表に「改名か。解散でなくって良かった」「とりあえず活動休止であって解散じゃないからほんとによかった」「まだ気持ちの整理は出来ていないけど改名しても応援し続けます」と安堵するファンも少なくなかった。

 欅坂46は、センターだった平手友梨奈の脱退後、誰が“2代目”を務めるのかがグループとしての大きなテーマになっていた。今回の発表を受け、同日、ツイッターでは「平手友梨奈」もトレンド入りする事態となり、「てち(平手の愛称)は何を思う?」「平手友梨奈ちゃんはこれを聞いてどう思ったんだろう。何を感じたんだろう」といったつぶやきが相次いだ。

 平手の脱退が今回の決断に大きな影響を与えたと考えるファンは多く、ネットには「良くも悪くも欅は平手友梨奈のグループだったということなのかな」「欅=平手友梨奈ってイメージ強すぎたってことだろうか」「平手友梨奈がいないと欅として成立しないんだねって思われてしまうのが悲しい」などの書き込みも目立った。

 欅坂46は2015年8月に誕生し、翌16年4月にシングル「サイレントマジョリティー」でデビューを飾った。同年大みそかのNHK紅白歌合戦に初出場し、以来19年まで4年連続で出場している。昨年9月には初の東京ドーム公演を開催。今年1月にはデビュー曲以来センターを務めていたエースの平手が脱退し、ファンに衝撃を与えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ