欅坂46、10月に活動に終止符→新グループに改名し再始動へ…ネット騒然「嘘でしょ」「解散でなくって良かった」「平手のグループだったということか」

 アイドルグループの欅坂46が現状での活動に終止符を打ち、新グループ名になって再始動することが16日に電撃発表され、ネットが騒然となった。この日、ツイッターでは「欅坂46」「欅坂改名」「ラストライブ」「活動休止」などの関連ワードがトレンド入りし、多くのファンからさまざまなコメントが集まった。

 欅坂46はこの日、初のオンラインライブを実施。昨年9月に行われた初の東京ドーム公演以来となる約10カ月ぶりのステージで、今年1月にセンターを務めていた平手友梨奈の脱退後、初のライブとなった。クライマックスにキャプテンの菅井友香が「私たちから皆さまにお伝えしたいことがあります」と切り出し、「私たち欅坂46は5年間の歴史に幕を閉じます。欅坂46と前向きなお別れをします」と報告。10月にラストライブを行うと明かした。

 メンバーらで話し合いを重ねたうえで出した結論とし、菅井は「今まで、欅坂46に出会ってくださって、欅坂46を好きでいてくださって、支えてくださって本当にありがとうございました」と泣きじゃくった。相次ぐメンバーの脱退や卒業に苦悩したとも明かし、「もう一度たくさんの夢をかなえられるように頑張りたい。今まで大切にしてきたことを手放すことで大事なものが満たされるのではないか。色のないまっすぐな道を皆さんと一緒に染めていけたら」と誓った。

 菅井からの発表にネットは騒然。SNSには「マジか!?」「嘘でしょ欅坂46」「大好きなグループがなくなってしまうなんて、今でも信じられない」「頭が止まってる」「今は言葉を失って混乱してる」など、動揺を隠し切れないファンのコメントが殺到した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ