指原莉乃、豪雨被害の大分県などへ2000万円寄付 ネット「勇気と決断力の行動に敬服」「やらない善よりやる偽善だよ」

 元HKT48のメンバーでタレントの指原莉乃が14日、自身のツイッターを更新し、大分県と日本赤十字社に計2000万円を寄付したことについて言及した。ファンからは「勇気づけられた」「ありがとう」「素敵」などのコメントが相次いでいる。

 指原はこの日、「偽善・売名だと言われても、私の行動で『もう少し踏ん張ろう』と思ってくれる被災された方が1人でもいたら、何か被災した場所・人の力になりたいと思ってくれる人が1人でもいたらなと思っています」と投稿。そのうえで「額とかじゃなく、できる時にできる人ができる事を」とつづり、「一日も早く皆さんの笑顔が戻りますように」と結んだ。

 豪雨で甚大な被害を受けた九州などの被災地を支援するための行動。このツイートは15日午前8時の時点で4万4000回リツーイトされ、「いいね」の数は30万5000に達した。リプ欄には「絶対さっしーの2000万円で救われる人がいるし笑顔になれる人がいるよ」「偽善・売名で出来ることではないです。勇気と決断力の行動に敬服します」「やらない善よりやる偽善だよ。とっても素敵です」「寄付は偽善ではないし、指原さんはもともと売れてるので売名でもないですね」などの返信が続々と届いている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ