“寄せ集め”ジャニーズに「24時間テレビ」は荷が重すぎる?

芸能ニュース舞台裏

 今年も結局開催されることになった日本テレビ系「24時間テレビ」。

 「毎年の寄付金で、多くの団体に介護や福祉関連の用具などを寄付していますから、流れは止められない。日本の福祉に24時間テレビはしっかり組み込まれている」と日本テレビ関係者。

 さらに「司会者選びでも明らかなように、あの番組はジャニーズ案件。番組を続ける限りメインパーソナリティーにはジャニーズのタレントが器用される。この先もずっとです」

 今年、その大役を務めるのはV6の井ノ原快彦(44)、NEWSの増田貴久(34)、Kis-My-Ft2の北山宏光(34)、ジャニーズWESTの重岡大毅(27)、King&Princeの岸優太(24)という5人。

 「局側は特別感のある5人組をアピールしていますが、言ってみれば寄せ集め。キャプテンを務める井ノ原は、ご飯を食べたこともない間柄だと漏らしていた。そのメンバーで24時間テレビ的な絆をアピールするわけですから、荷が重いというか…」(テレビ誌ライター)

 同番組のウリのひとつである24時間マラソンもなく、番組は来月22、23日に無観客の会場から放送される。

 成否は視聴率が示す。(業界ウォッチャーX)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ