舞台「THE★JINRO」クラスター感染にネット衝撃「感染力高すぎない?」 スポーツ観戦・コンサートを心配する声も

 舞台「THE★JINRO-イケメン人狼アイドルは誰だ!!-」(6月30日~7月5日、東京・新宿シアターモリエール)を主催したライズコミュニケーションは12日、同舞台の公式サイトで出演者16人、スタッフ5人、観覧者9人の合計30人に、新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたと発表した。舞台でのクラスター感染に、ネットでは出演者らを心配する声や厳しい意見があがっている。

 同舞台は出演者の1人、Super Break DawnのTAKUYAの感染発覚を機に、保健所から全出演者、スタッフに自宅待機要請が出され、PCR検査を実施。これまでに主演を務めた俳優の山本裕典をはじめ、榊原徹士、サッシャ、こんどうようぢらのキャスト、企画プロデュースを担当した映画コメンテーターでタレントの有村昆の感染が発表された。

 同社は「一部報道では『体調不良の出演者がいながら上演を強行した疑い』とございます」と前置きしたうえで、全国公立文化施設協会等の定めるガイドラインに即していたと説明。休憩の間に十分な換気を実施するなど感染防止に努めていたが、「それにもかかわらず、多数の感染者が生じてしまったことは事実でございます。皆様には、大変なご心配とご負担をおかけしており、心からお詫び申し上げます」と謝罪した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ