NHK10月から受信料を値下げ 月額で数十円

 NHKは10日、放送受信規約の一部変更について総務相の認可を受け、10月1日から受信料を値下げすると発表した。値下げ額は、地上契約、衛星契約それぞれで月数十円ほど。

 NHKによると、地上契約の「口座・クレジット」を現行の月額1260円から1225円に、「継続振込等」を1310円から1275円に減額。衛星契約も「口座・クレジット」を2230円から2170円に、「継続振込等」を2280円から2220円に。6カ月、12カ月の「前払」も減額される。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ