木下優樹菜、引退の裏に妻子ある2人の男性との同時不倫か

 7月6日、木下優樹菜(32才)が芸能界からの引退を発表した。姉が働いていたタピオカドリンク店の店主に恫喝めいたメッセージを送っていたとされる、いわゆる“タピオカ騒動”で2019年11月に芸能活動を自粛。今月1日の芸能活動再開宣言は、本人としては満を持してのものだったに違いない。《今はただ目の前の出来る事をコツコツと私らしく頑張っていきたいと思っています》とコメントし、所属事務所も《失われた信頼の回復のため、全力で努力して参りますので、どうかご理解をいただけますと幸甚です》としていた。

 ところが5日後には事務所は《同人との信頼関係を維持することが著しく困難であると判断し》木下からの引退申し出を受け入れて、契約を解除したという。

 急転直下の展開だが、伏線はあった。復帰宣言を受けて芸能界の重鎮らが、こぞって非難の声を上げたのだ。その大半は、木下が件のタピオカドリンク店に謝罪をしておらず、和解に至っていないことを問題視したもの。和田アキ子(70才)は「普通、和解してから芸能界復帰するんじゃないの」と首をかしげ、ヒロミ(55才)も和解がなければ、仮に共演してもその話題に触れることもできないと指摘。薬丸裕英(54才)も「復帰は時期尚早なんじゃないかな」と語っていた。

 ネット上で見つかるのも、「なんで活動再開?」「見たくない」といった声ばかり。「想像以上のバッシングに、優樹菜は心が折れたと言っています」と言うのは木下の知人だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ