役所広司、西川美和監督と初タッグで世界的ヒット狙う 仲野太賀&長澤まさみら豪華共演

 俳優、役所広司(64)が来春公開の映画「すばらしき世界」(西川美和監督)に主演することが7日、分かった。めった刺し殺人事件の犯人役。刑期を終え、自身の凶暴性と向き合いながら人生の再出発をはかる物語だ。国際的評価の高い役所と西川監督は初タッグ。昨年、太賀から改名した仲野太賀(27)や長澤まさみ(33)ら豪華共演陣が集結した。

 2017年の映画「三度目の殺人」で不気味な殺人犯を演じた役所。今度は内在する狂気と葛藤する男の再生物語に挑む。

 主演作「すばらしき世界」は直木賞作家、佐木隆三氏の小説「身分帳」が原案。人生の大半を獄中で過ごした実在の男性がモデルだ。

 出所後に改めて日常社会と向き合う姿を描く物語。役所演じる三上は衝動を抑えられない性格で、劇中では凄惨(せいさん)なめった刺しシーンも。出所後の町では、老人をいじめる若者を執拗(しつよう)に殴りつけ「ふざけんじゃねぇぞ!」と怒鳴る狂気の演技をみせる。一方で、どこか憎めない魅力を持ち、周囲の人々とつながって生きていく役どころだ。

 09年の「ディア・ドクター」などで知られる西川監督は今回、実在の人物をモデルにした原案小説に初挑戦。物語の舞台を約35年後の現代に移し、徹底した取材を重ねて脚本を書き上げた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ