木下優樹菜に「復帰早すぎる」の声 せめて“タピオカ恫喝”の和解が先か

 実姉が働いていたタピオカ店のオーナーに“恫喝メール”を送ったことで昨年11月から芸能活動を自粛していた木下優樹菜(32)が、活動再開を発表した。

 「自粛中は、自分自身を見つめ直し反省する日々を過ごしていたそうです。“事務所総出で”バックアップしていくようですが、当面の仕事は決まっていないそう。まずはフォロワーが500万人を超えるSNSから再開して、反響を見ていくことになるでしょうね」(スポーツ紙記者)

 木下といえば、活動自粛後の昨年末、「FUJIWARA」の藤本敏史(49)と離婚している。

 「離婚はしても、藤本さんと木下さんは同じマンションの別の部屋で暮らしています。木下さんもいまやシングルマザー。生活のためとはいえ、復帰が早すぎるという声は多い。せめて、タピオカ店のオーナーと和解が成立するのを待ったほうがよかったのではないでしょうか」(前出・スポーツ紙記者)

 法人所得税3年分の無申告で自粛、4カ月で復帰したチュートリアルの徳井義実(45)同様、前途は多難だろう。(zakzak編集部)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ