「辞令は突然に…」のはるみ役、黛英里佳が結婚 「離婚したのか!?」と役の設定にかけたコメントも

 女優、黛英里佳(34)が3日、自身のインスタグラムを更新。花瓶に挿した花とペアの結婚指輪を並べた画像とともに、「私事で恐縮ですが、この度結婚致しました」と結婚を発表した。お相手に関しては詳細を明かしていない。

 黛は結婚の決め手を「私は以前から、結婚するということは家族というチームになることだと思っていて、夫とだったらお互いに協力し合い、支え合って、より楽しく、そして心豊かに暮らしていけるんじゃないか、と思わせてくれました」と説明。今後も仕事は続けていく予定だという。

 黛は、フジテレビ系ドラマ「新・牡丹と薔薇」や読売テレビ・日本テレビ系のバラエティー番組「秘密のケンミンSHOW」内のミニドラマ「辞令は突然に…」に出演し、注目を集めた。

 公式インスタグラムのコメント欄には、フォロワーから多数の祝福コメントが寄せられている。ツイッター上でも祝う投稿が多く上がっているが、「はるみさ~ん結婚おめでとうございます!!」と「辞令は突然に…」で演じた役名の東はるみで呼びかける人が散見されるほか、「黛英里佳って言う名前だったんだ」と女優としての名前を知らなかった人もおり、ファンの間に役のイメージが強く浸透していたことがうかがえる。

 美人有名人の結婚話らしく、ご多分に漏れず「すまん、ちょっと横になってくる…」「ハルミまでいちゃうんかぁぁ…」とロスに打ちひしがれるユーザーもちらほら。

 また、「東京一郎とは離婚したのか!?/吉報は突然に…」「お相手に辞令が出るとか出ないとか」「お相手が転勤が多くなければいいけど」と、「辞令は突然に…」での転勤族の夫と一緒に全国各地をめぐってご当地名物に出会う…という役柄設定に絡めてひねった投稿もあり、人気番組で長く一つの役を演じることの影響力の大きさを感じさせた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ